あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

【タイ】バンコクからバスで13時間の村「PAI」

f:id:MysteryHunter:20180710180855j:plain

 

タイのパイ(PAI)という村に行った。バンコクからの行きかたとしては、まずチェンマイというところに行き、そこからバスに3時間ほど乗ればパイに着く。

チェンマイもタイ北部では人気の観光地。

f:id:MysteryHunter:20171231221110j:plain

チェンマイの街の中心にある【ワット・チェディルアン】

 

バンコクチェンマイまで行く方法

バンコクからチェンマイへは大きく3つの方法がある。

飛行機

飛行機で1時間15分ほどで、LCCを使うと安くて1500THB(5000円)くらいで行ける。

バンコクにはスワンナプーム国際空港とドンムアン空港があるので空港間違いに注意しよう。

 

電車

寝台列車があり、夜に出発して朝着くので時間が有効に使える。1等個室は1900THB(6500円)、2名だと1人1300THB(4500円)、2等は800THB(2800円)くらい。

 

夜行バス

夜18時から23時ぐらいにバンコクを出発する夜行バス。それ以外の時間帯に出発する便も、少ないがあるようだが詳しくはわからない。
モーチットバスターミナルというバンコク北にある大きなバスターミナルがある。そこに行って、早めにチケットを手に入れておくのが良いだろう。

モーチットからチェンマイ・アーケード・バスターミナルまでの運行となる。バスターミナルはBTSのモーチット駅、MRTガムペーンペット駅が最寄り。駅からはタクシーで5分ほどで着く。
バンコクチェンマイ間は、約700キロ、9時間から12時間ほどかかる。
ランクによって料金は違うが500~1000THB(1700~3500円)。

 

モチットバスターミナル以外からはカオサンロードからもバスがでている。もし宿泊先がカオサンロード近くであるなら、カオサンロードの旅行代理店からチケットを買えば、迎えもその辺りに来てくれる。どこの旅行代理店で買ってもだいたい値段は同じで、400THB(1400円)ほど。

 

僕はカオサンロードからバスで行った。

 

旅行代理店でチケットを買い、18時にまたその店の前に来てくれと言われたので、それまではバンコクで知り合ったイスラエル人の友達とプールに行って遊んでいた。

パイという村はこのイスラエル人に教えてもらって、「めっちゃいいぜ。」と言われ行くことにした。

18時に旅行代理店の前に戻り、イスラエル人とはお別れ。少し待っているとバス会社の人っぽい人が迎えにきてくれ、バス停まで連れて行ってくれた。

 

バンコクからチェンマイ

なんだかんだ出発は19時。

僕以外に6人しか乗っていなかったので、快適なバスだった。かなり汚いが、トイレもついている。

途中何度か休憩してチェンマイに到着したのは朝5時ごろ。チェンマイの町中から南へ3㎞ほど離れたガソリンスタンドに降ろされた。

 

チェンマイからパイへ

朝方早くだが、その客をねらった乗り合いタクシー(ソンテウ)がそこに停まっている。他に選択肢がないので少し高めの値段を言ってくる。他の5人の欧米人はかなり文句を言っていた。

しかたなくそのタクシーに乗り、パイに行きたいことを伝える(パイと連呼するだけ)とパイ行きのバスが出ているバス停まで連れてってくれた。

 

チェンマイからパイ行きのバス停

www.google.co.jp

 

パイ行きのバスは1時間おきくらいに出ている。繁忙期でなければ予約しなくても乗れるだろう。

チェンマイからパイまでは3時間くらいだ。

なかなかのクネクネ道を上っていくので、車の中で嘔吐する人もいた。酔いやすい人は事前に酔い止めを飲んでおこう。

 

PAIに到着

f:id:MysteryHunter:20180107211035j:plain

空が青くて夏雲がでかい。

パイのバス停の前の通りは商店街になっている。雑貨屋さん、洋服屋さん、カフェ、ご飯屋さんなどたくさんある。

早速予約したバッパーへ向かう。

途中、ネコがのんびりお昼寝。のびりとした村だ。

f:id:MysteryHunter:20180107205122j:plain

バス停から20分ほど歩くとバッパーに到着しました。

 

Baan Aomsin Resort

f:id:MysteryHunter:20180107205821j:plain
f:id:MysteryHunter:20180107205825j:plain

 

写真の10人部屋だと1泊500円ほどで。オーナーが日本語を話せるので英語が出来なくても大丈夫だった。

 

レンタルバイクで観光

チェックインのあとはオーナーがレンタルバイク屋さんまで送ってくれ、そこでバイクを借りて観光地を周ることにした。

バイクのレンタル料は安いが、デポジットとして、パスポートか2000THB(6800円)を要求されます。どちらでもいいが、パスポートを無くされると困るので2000THBを払った。

バイクを返すときにお金はちゃんと戻ってきたので借りる方はご安心を。

 

Pam Bok Waterfall(滝)

f:id:MysteryHunter:20180107210233j:plain

この写真の先にこじんまりとした滝がある。泳いだりも出来るようだが泳がなかった。

 

 Pai Memorial Bridge(橋)

f:id:MysteryHunter:20180107210439j:plain

パイ市内に入る10キロ手前のパイ川に橋が架かっている。チェンマイからの道路1095線の沿いに「Memorial Bridge」と表示があり、鉄の橋に板が敷かれて歩けるようになっている。

クワイ河同様、この橋も旧日本軍も関係がある。

www.alaltravel.net

第二世界大戦時に日本軍がチェンマイからパイを経由してミャンマーに進軍するため造った橋があったそうで、戦後壊され、後に地元村民が木製橋を造ったが大洪水で流されたたためチェンマイのNawarat橋を移設した。今は観光用として観光客が橋をバックに写真を撮っている。

橋の両端に小さいお土産屋さんがある。また、橋の歴史と写真が掲示されていた。

 

Pai Canyon(渓谷)

f:id:MysteryHunter:20180107210559j:plain

パイキャニオン(Pai Canyon)は、赤い砂岩が崩壊した絵のようなところ。深い峡谷と、黄土色の尖った尾根からなっている。ここの写真は街の観光パンフレットの多くにあり、とても魅力的な場所だった。

 

Natural Hot Spring(天然温泉)

f:id:MysteryHunter:20180107210801j:plain
f:id:MysteryHunter:20180107210807j:plain

 パイの中心部から1095号線を北へバイクで30~40分ほど行くと着く。温泉自体は無料だが、温泉に入る道が有料となっており、200THB(680円)ほどだったと思うが(憶えてない)その道の先には温泉くらいしかないので、実質温泉代が200THBとなります。

ぬるめのお湯なので、涼しいときに行くと、ちょっと寒いかも。

 

Hyun Lai View Point(展望所)

f:id:MysteryHunter:20180107211127j:plain

入場料20THB(68円)必要だがキレイな展望所。小さなカフェも入っていて人が多かった。

 

 

Mor Paeng Waterfall(滝)

f:id:MysteryHunter:20180107211454j:plain

先ほどの滝よりもはるかにこっちの滝の方がよかった。

景色もよく、滝も大きい。

ここに行く途中に欧米人が歩いてこの滝へ向かっていたので、バイクに乗っていくかい?と聞くと、「いくら?」と聞かれた。

「何言ってんだよ。もちろん無料だよ。」

「サンキュー。」

ということで2人乗りして滝までいった。

 

そしてこの滝からの帰りに腹が立つことがあった。注意が必要。

この滝へは1本道だが、行く途中に住民が、「マリファナいるかい?ドラッグいるかい?」などと声をかけてくる。体を張ってバイクを止めてまで。

僕はタバコも吸わなければ、もちろんそんなものはいらないので断ったが、なかなかしつこい。その後も数件勧誘された。

そして帰り道。

1本道を帰っていると最初の交差点のところに警察がいて止められた。

2人乗りダメだったのか?と思って話を聞くと、「テロ対策だ。荷物を見せてくれ。」ということだったので、快く協力した。

しかし、荷物チェックからボディチェックをかなり細かいところまでされた。おかしい。

住民と警察はグルだった。

住民がドラッグを売りつけ、警察につかまえさせ、罰金を払わせるつもりだったのだろう。

地元の人は一切止められ無いのに滝の方から帰ってくる観光客だけを止める。

あるある。住民と警察が連携して観光客から金を巻き上げがち。

オラこんな村いやだ。

 

ヘアバンド売りのおばあちゃん

f:id:MysteryHunter:20180107220744j:plain

ヘアバンドを売っている可愛いおばあちゃん。

 

まとめ

ここではよく雨が降る。とにかく雨の降り方が尋常ではないくらい強い。雨がっぱは必須。しかし雨上がりにはキレイな虹をみれた。

バンコクからは遠いが、とてもいいところだった。

f:id:MysteryHunter:20180107211948j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。