あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

【ネパール】空港でアライバルビザの取り方

ネパールに入るためにはビザが必要。

日本にいるときなら大使館などで事前に申請すればビザが取得できるようだが、とりあえず行ってみた人はカトマンズのトリブバン空港でもアライバルビザの取得が可能。

飛行機で来たときのビザの取り方を説明しよう。

 

トリブバン国際空港

ネパールの首都であるカトマンズにある国際空港で、カトマンズの中心部から6kmほど東にある。標高1338mとなかなか高い。

ちょっと前は事故も多かったとか。

トリブバン空港はその立地条件から周囲を高い山に囲まれているために離着陸が難しい空港だと言われていて1992年に(タイ国際航空311便墜落事故7月31日、死者113名)とパキスタン国際航空268便墜落事故9月28日、死者167名)と着陸失敗による墜落事故が続けて2件発生した。当時、空港にはレーダー施設がなく、着陸の際には無線連絡と目視にのみ頼っていたことが問題視された。このため、ネパール政府の要請により日本政府開発援助ODA)の一環として1995年から1997年にかけてレーダー施設の設置工事が行われ、管制官の訓練や老朽化した施設の修復も行われた。

2010年代に入り航空管制施設や衛星測位システムなどの発達によりRNP-AR(Required Navigation Performance – Authorization Required)方式の進入が可能となり、対応機材の航空機を運用していれば従来の進入方式よりある程度の曲線を描いた進入が可能となり経路短縮、空域騒音区域軽減、進入時間短縮による燃料消費、二酸化炭素排出の削減といった効果が期待され、2013年1月21日にエアバスカタール航空保有の同社A319が同方式での同空港への進入に成功したことを発表し、同年4月に同空港をハブとするネパール航空は同方式に対応したA320を購入することを決定した。

2014年1月27日にはNECがネパール民間航空公社から同空港近代化プロジェクトを総額約10億円で受注し、国際協力機構(JICA)を通じ、日本政府の政府開発援助無償資金協力により老朽化した監視レーダや情報処理システム等の機材を航空管制用レーダシステムとして、航空機から詳細な運航情報を取得できる二次監視レーダ(SSR:Secondary Surveillance Radar) および、レーダから取得した情報を利用するためのマルチセンサ情報処理システムへの更新計画を発表。

当空港を拠点としているネパール航空は国際線用機材を2機しか保有していないため、エンジントラブルや定期整備などで2007年5月15日以降運航が乱れている。この影響で大阪/関西線などは運休状態になっており、2008年3月から正常運航に復帰する予定だった。しかし、その後も運航再開の目途が立たないまま大阪/関西線は廃止となった。

引用元:Wikipedia

 

ビザを申請する機械

飛行機を降りて入国審査の方へ歩いて行くと、機械が置いてあるところがある。

f:id:MysteryHunter:20180319145020j:plain

僕が行ったときは夜10時着の便だったためか、誰も並んでいなかった。

係の人がパスポートをスキャンして、適当に数字を打ち込み、自分で入力したのはメールアドレスだけ。

写真も持ち込む必要なし。

 

手順

はじめに

手順を紹介する前に早く進めるコツを書こう。

項目の前に赤い※があれば入力必須。逆にそれがなければ入力せずに無視して次へすすもう。

 

その①

パスポートを読み込ませるところがあるので、そこにパスポートの写真のページを開き、読み込ませる。

もし読み込まないときは、手打ちでも大丈夫。

名前やパスポートナンバーを入力。

f:id:MysteryHunter:20180319145342j:plain

 

その②

メールアドレスや滞在先入力。

ちょっと写真ではわかりづらいが、はじめに書いたように項目の前に赤い※がついているところだけを入力し、あとは無視しよう。

「Telephone No」「Mobile No」は「00」と入力でOK。

「Name of the Hotel」も予約していればそのホテル名を入力。その他「Street Name」「VDC」「District」は全て「Kathmadu」や「Thamel」と入力でOK。

f:id:MysteryHunter:20180319145910j:plain

 

その③

ビザをいつからいつまで欲しいか入力。

右の「First Visit to Nepal」は赤い※がついていないので、入力の必要なし。ちなみにビザを延長しにいった際もやはり※がついていないのでいちいち入力するなと言われた。入国後にビザが延長できる場所:Google マップ

前の項目がちゃんと入力できていれば赤く〇したように緑のレ点があるはず。

f:id:MysteryHunter:20180319151302j:plain

 

その④

最後にこの機会に付いているカメラで写真を撮ってレシートが出てきたら機械操作はおしまい。

 

その⑤

機械の奥にあるビザ代を払うカウンターでビザ代を支払う。

・15日:US$25

・30日:US$40

・90日:US$100

他の国のお金でも支払いは出来るようだが、レートはかなり悪いらしい。

 

これでビザは無事取得。

 

パスポートと入国カード、ビザ代を払った証明書を持って、入国審査のところへ行けば入国できるはずだ。

 

まとめ

機械の入力は結構適当でよかった。

僕が適当なのでなく、スタッフがそうしていたのでそれでいいのだろう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。