あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

カンボジアからネパールへ移動 その⑤ クアラルンプール国際空港からネパールへ

3月4日のネパールでのイベント参加のため、急遽カンボジアからネパールへ行くことにした。

カンボジアからまたはタイからの飛行機は少々お高めのため、マレーシアまで南下してクアラルンプールの国際空港からネパールへ入国することを決めカンボジアシェムリアップを出発。

前回記事

www.alaltravel.net

2018年2月27日

前日の到着が遅かったこともあり、起きたのは10時ごろだった。

それからシャワーを浴びてご飯を食べに出た。

近くにレストランがあるのは前日の夜歩き回ったのでわかっていた。

道の両側にずらりとレストランが並ぶ。チキンライス。5.5リンギット(154円)。

f:id:MysteryHunter:20180317183204j:plain
f:id:MysteryHunter:20180317182943j:plain

 

予約出来ないチケット

宿へ戻りネパールへの飛行機を予約しようと、検索してみるとヒマラヤ航空の夕方の便で2万円のがあった。

これだと思い予約してみるも出来ない。10回くらい試しても出来ない。諦めた。

怪しげな宿を12時にチェックアウトして、クアラルンプールセントラル駅へ向かった。

ネパールへの飛行機はまだ予約できていなかったが、空港へ直接行って買おうと思っていた。

駅へ着いて、余ったタイのお金をマレーシアのお金に両替しようと両替所を探す。

両替し終わると、近くにチケット会社みたいなところを発見。

行ってみた。

 

チケット取得

「ネパールへ行きたいのですが、今日か明日のチケットありますか?」

「調べるからちょっと待ってね。カタカタ。1番早くて明後日で、3万円だぜ。」

 

僕が予約できなかったのはやはり満席だったからなのか。。。

でも検索するとでてきたのはなぜだ。。。

 

「ヒマラヤ航空っていうのありませんか?」

「カタカタ。お、今日の夕方あるぜ。」

「それ下さい。いくらですか?」

計算機を使って、計算する店員。チケットや空港使用料、燃料代など足している。そして全て合計すると773リンギット(21644円)。

僕が検索してみたやつとほぼ同じだ。

なぜがすぐに計算機の値をゼロに戻す店員。

店員「780リンギットだ。(21840円)」

見てたけど、それくらいの手数料はくれてやろう。

すぐにチケットを購入し、詳細が書いた紙をプリントアウトしてくれた。

 

「空港へはどうやって行ったらいいですか?」

「電車だ。」

しかし電車は1000円以上もする。絶対バスがあるはずと思って聞こうとしたら僕の渋った顔をみてか

「バスもあるぜ。12リンギットだ。(336円)」

「サンキュー」

 

チケットが買えて舞い上がっていた僕は、空港行きのバス乗り場がどこかも聞かずそこを離れていた。

駅のインフォメーションセンターがあったので、空港行のバスはどこにありますかと聞き、乗り場付近でチケットも買えることを確認してそこへ向かった。

 緑の看板の「KLIA」と書いてあるところで買える。

f:id:MysteryHunter:20180317184829j:plain

 

何分おきにバスが出ているか知らないが、運良く10分後の13:00発のバスのチケットを買うことができた。

f:id:MysteryHunter:20180317184950j:plain

 

バスはなかなか上等なキレイなものだった。

f:id:MysteryHunter:20180317185247j:plain
f:id:MysteryHunter:20180317185256j:plain

 

クアラルンプール国際空港

バスは予定通り13時に出発し、空港へは13時50分に着いた。

別に誰にも狙われてないが、背後には注意した。

f:id:MysteryHunter:20180317185614j:plain

 

しかしここまで順調に来れると思っていなかった。宿をチェックアウトしてから2時間後には空港にいるなんて。

出発予定時刻は18時35分。掲示板を見てもチェックインカウンターがどこかわからない。まだ17時台のフライトしか載っていなかった。

暇な時間を持て余すのには慣れた。

3時間ほど前になり、掲示板にチェックインの場所が書かれたかなと思って見に行く。

書いてあったので、場所の確認に行くとすでにチェックインしている人達の列が。

すぐ僕も並んだ。

30分ぼど並び、ようやくチェックイン。

 

チェックインして出国審査場へ。

なにも聞かれずあっさりしていた。

 

出国審査の前だったか後だったか、妙なところに荷物検査場があった。

荷物検査といってもピーピーいっても全く見ないどうでもいいところだった。

f:id:MysteryHunter:20180317191022j:plain

 

そこを通過すると、空港内の電車に乗らなければならなかった。多分出発ゲートは全部「C」というところにあるのだろう。「C」行きの電車に乗った。

f:id:MysteryHunter:20180317190946j:plain

 

PREMIUM LOUNGE

そして僕はこの空港にプライオリティパスで入室できるプレミアムラウンジがあるのを知っていた僕はそこへ向かった。

 

プライオリティパス

 プライオリティパスとはそれを持っているだけで、世界1000ヵ所以上のラウンジを使えるというなんともお得なカードである。

以前香港でもこのカードでラウンジを利用した。

www.alaltravel.net

このカードは1番クラスの高いカードを作るのに年会費US$399(4万円)が必要だ。

しかし楽天カードプレミアムカード(年会費 10500円)を持っていると、その1番高いクラスのカードが無料で作れるという特典があり、僕はこれだけのために楽天プレミアムカードを作り、プライオリティパスを発行した。

 

PREMIUM LOUNGEへの行き方

クアラルンプール国際空港のプレミアムラウンジへの行き方を紹介しよう。

電車を降りて真っ直ぐ進む。

広場にでたら左へ。

すると、LIFT2というエレベーターがあるのでこれに乗り、ひとつ上の階へ行く。

f:id:MysteryHunter:20180317192942j:plain

 

エレベーターを降りて右に行くとすぐだ。

f:id:MysteryHunter:20180317193041j:plain

 

さすがプレミアムラウンジだ。

食べ物は充実している。酒は有料だが、それ以外は全て無料で飲み食いできる。

f:id:MysteryHunter:20180317193142j:plain
f:id:MysteryHunter:20180317193150j:plain
f:id:MysteryHunter:20180317193201j:plain



僕は食べた。気が狂ったように食べた。

このためだけに年会費10500円を払っているのだから。だが元をとろうとして食べた訳ではない。

久しぶりに苦しくなるまで食べたかった。そして苦しくなるまで食べた。

ごちそうさまでした。

 

ラウンジ滞在時間は短かったが、満足して出発ゲートへ向かった。

ゲート前で、今度はちゃんとした荷物検査があった。

そして僕はようやくネパールへの飛行機に乗った。

f:id:MysteryHunter:20180317193532j:plain

 

そしてまた食べた。

f:id:MysteryHunter:20180317193536j:plain

 

ネパール到着

そして2018年2月27日 21時30分。ネパールの首都、カトマンズのトリブバン国際空港に到着した。

到着後の手続きは別に書くとして、写真も事前準備もなにもなくても入国は問題ない。

 

15日間のビザを選択し、入国。

入国審査管がにこやかに話しかけてくれた。早速ネパールの印象がいい。

f:id:MysteryHunter:20180317194717j:plain

空港から宿へ

空港からはタクシーを利用した。バスもあるかも知れないが、空港スタッフはタクシーしかないと言うし、時間も遅かった。

タメル地区と呼ばれる繁華街は800ルピー(800円)だが、僕が予約した宿は少し離れているため900ルピー(900円)だった。

こうして無事にネパールの宿へ到着。2018年2月27日 22時30分のことだった。

カンボジアの宿を出発してから実に70時間がたっていた。まる3日間だ。

f:id:MysteryHunter:20180317195101j:plain

 

まとめ

なかなか楽しい3日間だった。

入国審査官ってその国の第一印象だから大事だな。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。