あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

【ベトナム】世界遺産 ミーソン(メェイソン)遺跡の日帰りツアーに参加した

ミーソン(My Son)遺跡とは

ホイアンの近くには遺跡があり、そこもユネスコ世界遺産に登録されている。

日本語ではミーソン遺跡と書いてあることが多い。

現地人に聞くとメェイソンと聞こえた。

ちなみに英語ではMy Sonと書くので、マイソンと発音する人も多いが、メェイソンだ。

しかし、めんどうなのでミーソンに統一しよう。

 

それでは遺跡ということで、ミステリーハンターらしく解説してみよう。

ミーソン遺跡とは古代チャンパ王国の遺跡であり、ホイアンから南西に40㎞ほどの地点にある。

チャンパ王国は今から西暦192年から1832年まであった国であり、ベトナム中部沿岸地域に存在していた王国である。

7世紀から13世紀にかけて造られたとみられるが、ベトナム戦争時中部地区は軍事基地があり激戦区だった。そのため、爆撃で破壊された部分も多い。

爆撃の跡とみられる穴もいまだに残っている。

石碑がありそこにはチャンパの文字が書かれている。しかしその文字は解明されておらず、謎多きチャンパの秘密がここに書かれているのかも知れない。

 

ツアーに申し込む

安宿で同じ部屋だったインド人のサヌとツアーに参加した。

ヌサも一人でベトナムを旅行しており、同じ日に同じホテルへチェックインした。

申し込みは安定のツアー会社のシンツーリストで行った。

日帰りプランは以下の3つだ。

・午前4時発。遺跡に行き、朝日をみて午前10時に帰ってくる。

・午前8時発。遺跡に行き、午後2時に帰ってくる。

・午前8時発。遺跡に行き、帰りはボートで昼食を食べながら午後3時に帰ってくる。

朝日を見るツアーに行きたかったが、朝は寒いし曇ってるから明日はなしよ。と言われたので、真ん中の行って帰ってくるだけのツアーに申し込んだ。

ヌサはボートで帰るプランに。

料金

上の真ん中ツアーで、99000ドン(495円)。

これには遺跡への入場料が含まれておらず、当日に150000ドン(750円)を支払う必要がある。

 

出発

当日、朝8時にツアー会社前に多くの人が集まっているが半分は違うツアーの人たちだった。

大きなバスが向かい側に止まる。数人がそのバスに向かったので、ついていく。

運転手にメェイソン?と聞いてチケットを見せると乗れ。と言われる。

後ほどみんなもバスに乗ってくる。ほぼ満席で出発。

バスの中でツアーガイドにミーソン遺跡の入場料150000ドン(750円)を支払う。

1時間ちょっとで到着。

 

ミーソン遺跡

入口

f:id:MysteryHunter:20180210225742j:plain

ここから5分ほど歩くと電気自動車が待っている。これに乗って遺跡近くまで連れっていってくれる。

f:id:MysteryHunter:20180210225758j:plain

 

遺跡写真

f:id:MysteryHunter:20180210225906j:plain

修復作業中



f:id:MysteryHunter:20180210225956j:plain

爆撃の跡とみられる穴

 

f:id:MysteryHunter:20180210230122j:plain

この石碑にチャンパの謎が?

f:id:MysteryHunter:20180210230133j:plain

f:id:MysteryHunter:20180210230110j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230118j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230143j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230232j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230205j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230256j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230240j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230313j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230321j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230331j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230339j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230351j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230410j:plain
f:id:MysteryHunter:20180210230423j:plain

f:id:MysteryHunter:20180210230401j:plain

ベトナム戦争の影響と盗難などの被害により、多くの部分が欠けている。

しかし、それでもかつてのチャンパ王国の力強さを感じることができ、技術の高さも見ることができる。

 

リンガとヨニ

ヒンドゥー教でみかけることのあるリンガとヨニ。

リンガは男性器を、ヨニは女性器を象徴している。そしてその男性器は破壊神シヴァのもの、女性器は嫁のカーリーのものだと言われている。

 

f:id:MysteryHunter:20180210231933j:plain

リンガ



f:id:MysteryHunter:20180210231937j:plain

ヨニ

 

帰路

午後1時前には遺跡を出発し、帰路に。

途中、ホイアン近くでボートで帰る組はバスを降り、バス組はそのまま帰る。

午後2時過ぎにホイアンの中心部辺りで降ろされツアーは終了した。

 

まとめ

ツアーは安いし、楽に行けるが時間が全く足りなかった。

もっとゆっくりみたいものだ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。