あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

香港国際空港から市内「重慶大厦(Chungking Mansions)」までの行きかた(バス編)

朝7時半に空港内ラウンジを出て、空港ベンチで10時過ぎまで寝ていたが、周りに人がかなり増えていた。

 

前回の記事

www.alaltravel.net

 

そろそろ市内へ繰り出そうと思い、クレジットカードでキャッシングしてMRT(電車)のチケット売場へ行った。

f:id:MysteryHunter:20180127045001j:plain

www.alaltravel.net

僕が予約していたホテルはバックパッカー界では有名な「重慶大厦(Chungking Mansions)(チョンキンマンション)」の中に入っている。友達がここに泊まったことがあるらしく、ネットの評判を見ても悪く面白そうだ。

チョンキンマンションは香港を代表する映画監監督、王家衛監督作品『重慶森林(恋する惑星)』で一躍有名になったそうで、沢木耕太郎深夜特急にもでてくる。東南アジア系のショップやレストラン、バックパッカー御用達の激安ゲストハウスが雑居する巨大なビルは、どこか危険で秘密めいた雰囲気をかもし出し、外国人旅行者にも注目を集めている。

そんなチョンキンマンションの最寄り駅は「尖沙咀(Tsim Sha Tsui)」です。

f:id:MysteryHunter:20180127045230j:plain

売場には10人くらい並んでいたがすぐに順番が来た。

発音もよくわからないので紙に「尖沙咀」と書いておいたのを見せると、その駅は行かないけど近くの九龍(Kowloon)まではHK$105(1450円)と言われてビックリ。

一番安く行くにはどうしたらいいですかと聞くと、バスと指をさして”あっち”と教えてくれた。

チケット売場を背にして階段を降りると左に看板があり「Bus(バス)」と書いてある。

f:id:MysteryHunter:20180127045512j:plain

真っすぐ歩く。

f:id:MysteryHunter:20180127045609j:plain

さらに歩くとBus Terminusの掲示板がある。

f:id:MysteryHunter:20180127045733j:plain

この掲示板の左手にバスのチケット売場がある。

f:id:MysteryHunter:20180127045817j:plain

 

一番左の「City Fiyer」と書いてあるところでチケットが買えます。

 

再び「尖沙咀」と書いた紙を見せる。

HK$33(450円)

f:id:MysteryHunter:20180127050055j:plain

A20と21の乗り場の近くへ行き、スタッフらしき人に20と21どっちに乗ればいいか聞くと、「A21よ。あ、でもA20人が少ないからそっち行きなさい。」と言われた。

確かにA21は30人以上並んでいるのに対しA20は4人。

人が少ない方がいいと思いA20に並ぶと、すぐバスが来た。ラッキー。

バス内部

f:id:MysteryHunter:20180127050659j:plain

 

バス停に番号が振ってあり、A20に乗った場合は19で降りるとチョンキンマンション前に降りれます。

A21に乗った場合は19でなく、13とか14あたりがチョンキンマンション前と、バスによって振ってある番号が違うようです。

後で分かったが、駅は少し距離があり、バスの方が目の前に停まるのでいい。

f:id:MysteryHunter:20180127225746j:plain

ついに悪評高いチョンキンマンションに到着。

f:id:MysteryHunter:20180127225153j:plain

1階に両替所やコンビニ、飲食店がたくさん入っていて、2階3階もお店が入ってるぽい。

客引きがすごいと聞いていたので、バスを降りてすぐにベテランの顔を作る。

香港は初めてだけど、何回も来ているようなベテランの顔を。

 

やはりでかいリュックを背負っていたためすぐに客引きがきた。

「宿は?」

「もう予約してる。ここなんだけどどうやって行ったらいいの?」

「こっちだ。」

とエレベーター前まで案内してくれ、ここの7階だよと教えてくれました。

チェックインした宿はシングルルーム。

f:id:MysteryHunter:20180127052753j:plain
f:id:MysteryHunter:20180127052741j:plain
f:id:MysteryHunter:20180127052803j:plain
f:id:MysteryHunter:20180127052758j:plain
f:id:MysteryHunter:20180127052747j:plain
f:id:MysteryHunter:20180127225527j:plain


部屋が狭くて扉がベッドにあたり、全部開かない。問題ない。

部屋が狭くてベッドの上に荷物を置かないといけない。問題ない。

トイレとシャワーが一緒。問題ない。

扉あけたら隣のビルの壁で昼間も真っ暗。ちょっと嫌かな。

 

生活する分には日当たりは大事だが、5日泊まるくらいなら全く問題ない。スタッフの対応もいい。

しかもバスタオルとトイレットペーパー付。

テレビもエアコンも扇風機も。

ウォーターサーバーも冷蔵庫も電子レンジもある。(共用)

チョンキンマンションにはたくさん宿があり対応がかなり違うようだがここは当たりだ。(個人的感想)

ネットでの評判に悪い評価も多かったが、来てみれば僕には気にならない問題だった。

でも本当に気になるほど汚いところも多いのだろう。

ここで5日間ほとんどノープランだからのんびり過ごそう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。