あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

小学生に英語を教えることのできる資格「J-shine」をオーストラリアで取得

f:id:MysteryHunter:20180122030131p:plain

みなさんは小学生に英語を教える資格があるのをご存知でしょうか。

英語ができるのであれば、特に資格などなくても英語を教えたりできるようですが、小学校での英語教育の促進のため、指導者の養成として民間のNPOが作った資格があるのです。

それがJ-SHINEです。

民間の資格ですが、しっかりと講義や実技があり、指導者としての力を伸ばすことができます。

 

J‐SHINEてなに?

 

f:id:MysteryHunter:20180122030740p:plain

J-SHINEとは小学校英語指導者認定協議会という日本の英語教育を発展させることを目的としているNPO団体です。

英語の頭文字をとってJ-SHINEとなっています。

Japan Shogakko Instractors of English

 

ん?

 

ショウガッコウ!?

 

英語ではない。。。

 

細かいことは気にしないタイプなのでしょう。

 

資格認定されるとどうなる?

f:id:MysteryHunter:20180122031147p:plain

J-SHINE資格認定されると小学校で英語指導ができると認められます。また、J-SHINEのデータベースに資格保有者として載せてもらえます。

しかし、資格を取得したからと言って小学校で英語の指導ができるとは限りません。

認知度もまだまだ低いです。採用状況は各自治体で異なると思いますが、役場のひとがJ-SHINEを知らないなんてことは良くある話だとか。

 

資格取得まで

小学校英語指導者資格」を取得したい方は、J-SHINE の認定を受けた登録団体が主催する「指導者養成講座」を修了し、その団体より「小学校英語指導者」としての推薦を受けなければなりません。 ご自分が研修を受ける団体を決め、受講修了時にその団体の「資格認定の手続き」に従い書類などを作成し、指導者認定審査料とともにその団体へお申込みください。

また、研修講座の受講修了のほか、次の 2 点の基準を満たしている必要があります。

  1. 指導時間 50 時間以上の実施経験があること。

  2. 英語力の目安として、英語で授業が行えること。

 引用元:

資格取得をご希望の方 | J-SHINE – NPO法人小学校英語指導者認定協議会

 

ようはJ-SHINE認定された団体で講義を受けて、50時間以上の指導をすれば資格申請ができるということです。

詳しくはJ-SHINEホームページをご覧ください。

 

オーストラリアで受講

日本でも資格取得できるところがありますが、僕は以前オーストラリアにいたときにこの資格を取得しました。

 

キャリアアップ(Career Up)

 僕が講義をうけたところはオーストラリアのブリスベンにあるキャリアアップ(Career Up)というところです。

キャリアアップ オーストラリア

講師

先生の指導がとても親切で人間的にも尊敬できる素晴らしい人です。保育園、幼稚園、小学校、民間のスクールでの経験も豊富で、頼りになる先生です。

ここでは6週間のコースで、J-SHINE(小学校英語指導者資格)とTECSOL(児童英語教師資格)を同時に取得することができます。

TECSOL(テクソル)とは

Teaching English to Child Speakers of Other Languages

この頭文字をとっています。英語を母国語としない児童に英語を教えることのできる資格です。

コース内容

キャリアアップではいくつかコースがありますが、僕が受けたJ-SHINEコースを紹介します。

【知識分野】言語学(外国語指導を効果的に行う方法)、EFL(英語を外国語として扱う指導法)、子どもの発達認知、英語教育の変遷(文部科学省)、国際理解教育 、評価、中・高校との連携、教室運営、就職活動、自宅開業 等

【技能分野】発音・音声学(フォニックス)、クラスルーム英語、リズム指導(歌・チャンツ利用法)、ゲーム指導、絵本読指導、シラバス考察、指導案作成、講師によるモデル授業、発表、評価とアドバイス、大人数(小学校)での指導法、 ‘Hi, friends’ 活動案意義と実践 等

【教育実習】オーストラリアのチャイルドケア(幼稚園含)、公立小学校で見学・視察・ボランティアクラス見学、スタッフの手伝い、子どもへの生活指導手伝い、学習指導手伝い、自由遊び参加、絵本読み、日本文化や言語指導

等引用元:小学校英語指導者コース / 児童英語教師コース - キャリアアップ オーストラリア

知識分野では、教育の基本的なことから英語教育が小学校に導入される流れ、国際理解教育、また資格取得後の就職活動のポイントや自宅開業するまでの流れなどを先生の経験を交えて教えていただけます。

技能分野では、フォニックスと言われるネイティブスピーカーも子どものころに行う発音法や模擬授業を行い、先生が指導・評価をしてくれます。資格認定のため、評価が低いと追試もしっかりと行われます。

教育実習とは地元の保育園などに行き、先生のアシスタントのような感じで指導のお手伝いをします。子どもがとても可愛いです。期間は2週間です。

資格取得

以上6週間のコースを終えれば、書類を作成しJ-SHINEに申請します。書類作成もキャリアアップのスタッフが手伝ってくれますので安心です。

 

まとめ

この資格を持っていれば英語指導の仕事ができるというわけではありません。

この資格を持っていなければ、英語の指導ができないというわけではありません。

J-SHINEのコースは指導歴が無い人も、すでに英語の指導をしている人にも役にたつものだと思います。

キャリアアップでのコースは先生や一緒に講義を受けたメンバー、教育実習先の先生にも恵まれ、楽しく受講できました。

子どもが好きな人、英語を活かした仕事をしたい人、持っている知識をコミュニケーションの道具として身につけ身につけさせたい人にはこのコースを受けてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。