あるあるトラベル

あるあるトラベル

世界ふしぎ発見非公認ミステリーハンターが世界を放浪

モンゴルでホームステイ~テレルジでモンゴル伝統料理と乗馬~

去年モンゴルに行ってきました。前職の関係者がモンゴルにいて、その方の息子さんのお宅にホームステイさせていただきました。

 

モンゴルへの行きかた

成田空港からモンゴルの首都ウランバートルのチンギスハーン空港まで乗り換えなしで行けます。

空港の名前にもなっているチンギスハーンはモンゴルの英雄で、モンゴル人はみんな大好きです。

日本でも、学校の授業で名前を聞いたことがある人も多いと思います。

ではここで、チンギスハーンについて復習しましょう。

チンギスハーン

f:id:MysteryHunter:20171221222000j:plain

誰もが調べものをするときにお世話になるであろうWikipediaをみてみましょう。

 

チンギスハーン カタカタカタ

Enter ポチ

 

チンギス・カン

カン!?

ハンって習ったけど。。。どちらでもいいってことにしときましょう。

 

大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴル遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジアイラン東ヨーロッパなどを次々に征服し、最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル帝国の基盤を築き上げた。

死後その帝国は百数十年を経て解体されたが、その影響は中央ユーラシアにおいて生き続け、遊牧民の偉大な英雄として賞賛された。特に故国モンゴルにおいては神となり、現在のモンゴル国において国家創建の英雄として称えられている[1]

引用元:Wikipedia

 

 

世界人口の半分を統治していたとんでもない大物です。

 

空港から市内へ

ウランバートル空港からはバスに乗って町まで出ることができます。

 タクシーでも1000円ほどでも行けるようです。

僕はホームステイ先の人に迎えにきてもらいました。

 

ホームステイ

僕がホームステイさせていただいたのは、前の仕事の関係者の息子さんのお宅です。

お父さん、お母さん、5歳の娘さんの3人家族の家に1週間ほどお世話になりました。

お父さんといっても僕より少し年下で、とても仲良くしてくれました。

娘さんへのお土産に可愛いシールを買っていったのですが、家の中があっという間にシールだらけになってしまい、申し訳なくなりました。

小さい子にシールはダメだな。

 

ウランバートル市内

スフバートル広場

f:id:MysteryHunter:20171221221719j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221221724j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221222101j:plain

ウランバートルの市内は想像していたモンゴルとは程遠い、キラキラしていて、高層ビルもありました。

町の中心にはスフバートル広場があります。広場の中心には広場の名前になっているスフバートルの像があります。

周辺には政府宮殿、劇場、郵便局、博物館などがあります。

 

恐竜博物館

モンゴルは恐竜の化石が多く発掘されていて、恐竜博物館も迫力があります。

大型肉食恐竜の全身骨格もあり、迫力満点です。

1番の見どころは、世界でも唯一の発見例である「恐竜レスリング」。

草食恐竜と肉食恐竜の同時発掘化石です。草食恐竜プロトケラトプスが勝っているように見えました。

入場料:3000tg(150円ほど)

写真撮影:5000tg(250円ほど)

ビデオ撮影:10000tg(500円ほど)

 

トゥメンエヘ劇場

劇場ではモンゴルの伝統民族歌謡などを観ることができます。

モンゴルの伝統芸能としてユネスコ世界遺産にも登録されている「ホーミー」「馬頭琴」「民族舞踊」などがあります。そうした伝統芸能を至近距離で観ることがきます。

「ホーミー」とは1人で2つ以上の音を出す倍音唱法のことです。なんとも言えない音で心地よい気持ちになります。

馬頭琴」とはモリンホールと呼ばれる弦の本数が2本の弦楽器です。楽器の先端部分が馬の頭の形をしているため「馬頭琴」と言われています。

民族舞踊は民族衣装を身に着け、激しい踊りを披露してくれます。

ぜひこの劇場へ行ってモンゴルの伝統民族を学んでください。とてもよかったです。

時間:18:00~19:10

入場料:20000tg(1000円ほど)

 

テレルジ

f:id:MysteryHunter:20171221231213j:plain

テレルジというウランバートルからそう遠くない(車で2時間くらい)のところで、僕が以前所属していた団体のイベントがあり、そこに僕も出席させていただきました。

 

ホルホグ

f:id:MysteryHunter:20171221235058j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221232714j:plain

そこでモンゴルの伝統的な料理である「ホルホグ」をいただきました。

ホルホグの作り方

大きな缶に羊肉、野菜(玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモなど)、塩、香辛料などと熱々に焼いた石を入れる。フタをして、焼石の蒸気で圧力鍋のような状態になる。

焼石で焼くというより、蒸し料理といった感じです。

調理が終わり、フタを開けるときは圧力パンパンなので、少し離れてろと言われました。

羊肉の臭みは全くと言っていいほど無く、ホクホクで余計な調味料が入っていないため素材本来のうま味が美味しいです。

ちなみにモンゴル人は動物の全ての部位を食べます。

これは命をいただくものとして、見習わなければならないところです。

スーパーマーケットに羊の頭だけなど売っていました。

f:id:MysteryHunter:20171221233144j:plain

 

乗馬

f:id:MysteryHunter:20171221233302j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221233955j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221234035j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221234040j:plain

テレルジでは乗馬体験もできます。土地が壮大でとても気持ちいいです。

乗馬経験が少しありましたので上手く乗ることができました。

www.alaltravel.net

 

ゲルキャンプ場に泊まったのですが、夜は星がとてもキレイに見えるし、トイレの看板もユニークで最高でした。トイレ、シャワー、洗面所もとてもキレイでした。

 

チンギスハーン像

f:id:MysteryHunter:20171221235152j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221235209j:plain
f:id:MysteryHunter:20171221235203j:plain

テレルジにはめちゃめちゃデカいチンギスハーン像があります。今まで見た像で1番でかいです。

大迫力で一見の価値ありです。

 

まとめ

ホームステイ先の人が英語が話せたのでよかったですが、モンゴルで英語はほぼ通じません。

言葉の壁はありますが、広大な土地が好きな人は、絶対好きになる。

モンゴル大好き。

f:id:MysteryHunter:20171222001052j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。